81PRODUCE Presents若手リーディング公演 声瞬-SEISHUN-<イベントTOP

イベント

81PRODUCE Presents若手リーディング公演 声瞬-SEISHUN-

The Roudoku

81ACTOR’S STUDIO&81PRODUCE養成機関の卒業生による発表会公演です。
言霊〈こえ〉の生まれる瞬間をご覧ください。

公演日時

2013年6月30日(日)
開場13:30 開演14:00

上演作品
『猿飛佐助』(著:織田作之助)

「猿飛佐助」の名前は、皆様聞いたことがあると思います。
時は戦国時代、信州の山奥で猿たちと遊んでおりましたところ、身のこなしが素早いところを見込まれ、 甲賀流忍者の戸沢白雲斎の元で、忍術修行に励み、極意を授かります。 やがて、あの真田幸村の家来となり、真田十勇士の一員として徳川方と戦い、大活躍するのでございます。
今回はその猿飛佐助と、間抜けな大泥棒の石川五右衛門との対決の物語です。

『この握りめし』(著:岸田國士)

復員後警察官となり、群馬県のある村の駐在を命じられた増田健次巡査は、若いのに物わかりがよく、職務に至って忠実でありながらけっして弱い者いじめをしないところが、村人たちから買われていたが、公人としての役目を果たすためには村人たちと真の仲間になることは出来ないのではないかと不安に思っていました。そんな時、村の旅館に無銭宿泊をしていた画家の岡本弘と出会いました。

『ラジオドラマのためのエチュード ひめゆりの塔』(脚色:渡部猛)

ひめゆりの塔は、看護要員として戦場に動員され亡くなっていった、沖縄県糸満市にある「ひめゆり学徒隊」の慰霊塔です。
米軍の沖縄上陸を目前に控えた昭和20年3月23日、沖縄師範学校女子部と沖縄県立第一高等女学校の女子生徒及び職員総計240名(教師18名・生徒222名)は、南風原(ハエバル)にある沖縄陸軍病院に看護要員として動員されました。彼女たちは強制ではなく志願して従軍しました。「ひめゆり」とは県立第一高等女学校の校誌名「乙姫」と沖縄師範学校女子部の校誌名「白百合」とを組み合わせた言葉です。

演出

『猿飛佐助』 鈴木清信
『この握りめし』 小山悟
『ひめゆりの塔』 中尾隆聖

歌唱指導:大門康彦(81ACTOR'S STUDIO声楽講師)
音楽:HALF H・P STUDIO

出演者

鷹嘴翼 佐々木啓夫 山崎健太郎 西山宏太朗 三宅貴大 中島ヨシキ
祐仙勇 駒田航 斉藤壮馬 陣谷遥  原紗友里 箸本のぞみ 吉岡さくら
長谷美希 森千晃 高橋李依 竹内恵美子 春野ななみ

会場


日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール(大ホール)

・東京メトロ 丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」
C3(※C4出口工事中)・B2出口より徒歩約5分
・都営地下鉄 三田線「内幸町駅」
A7出口より徒歩約3分
・東京メトロ 千代田線・日比谷線「日比谷駅」
A14出口より徒歩約7分
・JR 新橋駅 日比谷口より 徒歩約12分
※専用の駐車場はございません。日比谷公園地下公共駐車場をご利用ください
※会場へのお問い合わせはご遠慮ください。

チケット代金

1500円

チケット申込方法

予定枚数に達したため、チケット受付は終了いたしました。
なお、当日券の情報は81ACTOR'S STUDIOのスタッフブログに掲載いたします。

声瞬
スマートフォンと携帯電話の方はこちら

主催

81プロデュース

お問い合わせ

03-5453-8321(81ACTOR'S STUDIO:月〜金11:00〜17:00)

イベント情報へ戻る>>>